ヴァイオリンには三百年近い歴史で
培われた、響きや差音で音程を取る
方法があります。

ところが日本では、その方法を音楽
学校で教えず、留学しても習えない
事情があるのです。

ですから音程を取るのに
チューナーを使う先生は、アウト!
ピアノ等で音を取るのも、アウト!
指板にシールなど論外で、アウト!


それに対して
調弦は音叉でさせる先生はセーフ♪
響きで音程を定める先生がセーフ♪
重音の差音を教える先生もセーフ♪


そうした
セーフ♪なバイオリンのレッスンを
しているヴァイオリン教室です。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now