エチュードが1番、2番、と進む…
教本の巻数も1巻、2巻、と進む…
色々な曲で様々なことを学習する…
以前習った曲も前より楽に弾ける…

でもそれで本当に上達してますか?
細部は未だ不明瞭ではないですか?
音程も未だ不安定ではないですか?
音色もそれほど美しくないのでは?

つまり、エチュードを弾き進めても
さらには課題曲を次々弾いてみても
それっぽく弾けるようになるだけで
それは本当の上達ではないのです!

ヴァイオリンは300年近い期間に
響きで音程を取る方法が確立され、
その方法を学び奏でることによって
正しい音程の美しい音で弾けます。

ところがある理由から日本ではその
方法は音楽学校でも留学先でさえも
学べないため、ヴァイオリン本来の
美しい音を響かせられないのです。

そこで当教室ではバイオリン本来の
音程の取り方を一音いちおん指導し
音階や練習曲や曲でも一音たりとも
狂いなく弾けるようにしています。

そして、こうしたレッスンにより、
初心者や上級者だけでなく、プロの
演奏者や指導者も上達しています。
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now