バイオリンは左指の位置が1mm
でもズレると音程が狂うので、
楽器の寸法もmm単位で決まって
います。

ですから例えば
330mm(弦長)
195mm(楽器肩~駒脚中央)
195mm:130mm=3:2
330mm>195+130mm
 30mmから31mmに至る
といった寸法や比率の意味を理解し
調整し、練習する必要があります。

そして

そうした寸法による響きを聴いて

音程を正確に確定させられるのが、

ヴァイオリン本来の奏法なのです。

ところが
そうした寸法や比率でない楽器や
そうした音程の取り方を知らない
先生や演奏者が蔓延しています。

そこで当教室では
そうした寸法や響きの聴取による
ヴァイオリン本来の奏法に基づいた
本当のレッスンを行っています。

そうした本物の指導が受けられる
バイオリン教室です。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now